業務用エアコンの見積りを依頼してから、どのくらいの期間で取り付け工事が行われるのか?

業務用エアコンで気になるのが、見積りを依頼してから、どのくらいの期間で実際に取り付け工事を行ってもらうことができるのか?ということです。
結論から言えば、業者によって異なるということになります。
業務用エアコンの見積りを依頼してから、どのくらいの期間で取り付け工事が行われるのか? の詳細へ

業務用エアコンと家庭用エアコンでは取り付け工事にどのような違いがあるのか?

業務用エアコンと家庭用エアコンの取り付け工事では、どのような違いがあるのでしょうか?
業務用エアコンの取り付け工事を初めて依頼するという場合、取り付け工事費用にびっくりしてしまうという人も少なくないようです。
家庭用であれば、取り付け工事費用だけで言えば、約1~3万円程度に収まることが多いでしょう。 業務用エアコンと家庭用エアコンでは取り付け工事にどのような違いがあるのか? の詳細へ

自宅に業務用エアコンをリースで導入することはできる?

オフィスや店舗だけでなく、自宅に業務用エアコンを導入するのに、リースを活用しようと考えている人もいるのではないでしょうか?

業務用エアコンは、家庭用よりも風量などが強力ですし、リースで導入したいと考える人がいてもおかしくはありませんよね。 自宅に業務用エアコンをリースで導入することはできる? の詳細へ

業務用エアコンをリースで導入する場合、リース会社を指定することはできるのか?

業務用エアコンをリースで導入したいという場合に、気になるが、「リース会社を指定することはできるのか?」ということです。
国内主要メーカーでは、各リース会社と提携して、リースでの導入を行うことができます。
ダイキンであればダイキンと提携しているリース会社へ、また三菱電機であれば三菱電機と提携しているリース会社に申し込む必要があります。
業務用エアコンをリースで導入する場合、リース会社を指定することはできるのか? の詳細へ

業務用エアコンをリースで導入すると資産管理や面倒な手続きが不要!

業務用エアコンをリースで導入するという場合には、様々なメリットがあります。
そのなかでも、大きなメリットとして挙げられるのが、資産管理や面倒な手続きが不要であるということです。
業務用エアコンを購入した場合には、固定資産として計上し、減価償却を行うことになります。 業務用エアコンをリースで導入すると資産管理や面倒な手続きが不要! の詳細へ

業務用エアコンをリースで導入したい!そんなときは、何をすればよいのか?

「業務用エアコンをリースで導入したい!」そんなときは、何をすればよいのでしょうか?業務用エアコンのリースにはメリットがあり、活用したいと思っていても、具体的に何をすればよいのかわからない人は多いのではないでしょうか?
業務用エアコンをリースで導入したい!そんなときは、何をすればよいのか? の詳細へ

業務用エアコンの修理保証付きリースはどこに注意すればいい?再リースの場合には注意が必要!

業務用エアコンのリース契約では、修理保証付きリースがとても人気です。
やはり業務用エアコンの突然の故障による急な出費は避けたいと考えている人が多く、故障時でも修理費用の負担をしなくてよいというところが、多くの人の心を掴んでいるのだと考えられます。
業務用エアコンの修理保証付きリースはどこに注意すればいい?再リースの場合には注意が必要! の詳細へ

業務用エアコンの修理保証付きリースの注意点とは?これを知らないと困ってしまう?

業務用エアコンのリースで、最も人気のあるのが修理保証付きリースです。
メーカーによって色々な名称になっていますが、万が一故障した際には、修理費用を負担しなくてよいというのはどこも同じです。
業務用エアコンの修理保証付きリースの注意点とは?これを知らないと困ってしまう? の詳細へ

業務用エアコンを購入する場合について

最近では、業務用エアコンの購入や工事を依頼する時に、インターネット経由で行われるということが非常に増えています。そんな業務用エアコンを購入する場合に注意したいのが業者選びです。業務用エアコンの本体価格はけして安い物ではありません。そのため、価格がいくらであるのかをしっかりとチェックしておく必要があります。

安く販売している業者の場合には、新品であるかどうか?正規のメーカー品であるかどうかをチェックしておく必要があります。安く販売しているところがすべて怪しいということではなく、中には悪質なものがあるので注意をするということです。

メーカーから直接買付をしていて、中間業者を入れない、実店舗を持たないことでコストを抑えて安くしているというところもありますので、価格だけをチェックするのではなく、その業者がどうしてそのように安いのか?ということを確認しておくとよいでしょう。業者には販売と工事を行っているところと、販売だけを行なっているところがあります。

取付工事は一般の人では出来ませんので、取付工事まで出来るかどうかもしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

床に置く業務用エアコンとは?

業務用エアコンの種類は、1種類ではありません。それぞれの部屋、建物にあわせて最適なものを選択する必要があります。広い店舗やオフィスの会議室などに設置することが出来る業務用エアコンとして知られているのが、床に置くタイプの業務用エアコン、床置形というものです。天井や壁などに設置することが難しいという場合に、導入されることが多いものです。

大きな特徴としては、天井や壁に取り付けるのと比べると比較的容易に設置することが出来るという点です。さらに、機種によって大きさは異なりますが、どの機種も多くのスペースを必要とせずに設置することが出来るので、色々な場所に対応することが出来ます。

また、業務用エアコンの中でも工事費が比較的安いのも特徴です。壁や天井に設置する必要がないので、その分通常よりも工事費が安いということが多いです。さらに、工期も壁や天井に設置するものと比べて短い工期で行うことが出来るのも特徴と言えます。

高い所に設置するのではなく、床に固定しているので、掃除をするなどのメンテナンスも楽チンです。部屋の形状にあわせて、左右、中央など設置することが出来るのでおすすめです。

壁掛形の業務用エアコンについて

業務用エアコンの種類は様々ですが、壁掛形というものを知っているでしょうか?この壁掛形の業務用エアコンはどのようなところにおすすめなのでしょうか?このタイプのものは、小規模な事務所、小規模な店舗などにおすすめです。床スペースなども必要なく、壁にかけて取り付けるので、設置が比較的簡単であるということ、工事費が抑えられるということで知られています。業務用なので、もちろん風量もしっかりとしたものになっているので、快適です。

また、室内機のサイズもそこまで大きなものではないので、部屋のデザインとも調和します。見た目もスッキリとするので、とてもおすすめです。床や天井などに業務用エアコンを設置するスペースがないという場合には、壁掛タイプの業務用エアコンを検討してみるとよいでしょう。壁掛形の業務用エアコンは、色々なメーカーから発売されているので、チェックしてみましょう。業務用エアコンというと、おそらくほとんどの人が天井カセット形、天井吊形などのタイプを想像するでしょうが、業務用エアコンにも壁掛形のものがあるということをぜひ覚えておきましょう。導入する際の参考にしてください。

業務用エアコンの日立の特徴について

業務用エアコンを販売しているメーカーはいくつかありますが、その中でも省エネ性というところで評価されているのが、日立の業務用エアコンです。日立の業務用エアコンの省エネの達人プレミアムがとくにおすすめです。

大きな特徴としては、熱交換器自動お掃除機能の凍結洗浄が搭載されているという点です。この搭載されている凍結洗浄は、熱交換器の目詰まりを防ぐという目的で搭載されている機能で、目詰まりによって起こる風量の低下などを防ぎます。この凍結洗浄の仕組みとしては、室内機の熱交換器に霜をつけます。その熱交換器についた霜を溶かすことによって、汚れを落とすという仕組みになっています。このように、定期的に室内機の熱交換器を洗うことで目詰まりを防いで、風量の低下が起こらないようにするのが大きな特徴です。

また、業界トップクラスのAPF2015を達成するなど省エネ性にも優れているエアコンです。さらに、省エネルギー法2015年度基準値もクリアしており、消費電力の削減、CO2排出量の削減にも貢献しているのが特徴です。業務用エアコンのメーカーでお悩みなら、省エネ性に優れている日立の省エネの達人プレミアムがおすすめですよ。

オフィスに設置するのに適した業務用エアコンとは

オフィスに業務用エアコンを設置するという場合に、最も適した業務用エアコンとはどのようなタイプのものなのでしょうか?オフィスでは、長時間のデスクワークということを考えるとエアコンの冷風や温風が直接顔などの体にあたらないものがおすすめです。

また、オフィスでは通常の場合複数の人が働いています。そのため、部屋全体をしっかりと暖める、もしくは冷やすことが出来るものがよいでしょう。部屋全体をムラなく風が行き届くようにすることで快適に業務に集中することが出来ます。

さらに、オフィスという場所はどうしても人の出入りが多くなるという場所です。そのため、ウイルスや細菌などが外から持ち込まれやすいという環境になります。ダイキンなどから発売されている、除菌することが出来るタイプの業務用エアコンを設置するようにするとより快適に過ごすことが出来るでしょう。それから、オフィスに導入するのに注目しておきたいポイントは何よりも省エネ性という点です。オフィスでは始業から終業まで業務用エアコンを使用することになるので、電気代を抑えることが出来る省エネタイプのものが圧倒的におすすめですよ。

業務用エアコンはスポットタイプのものを活用する

業務用エアコンには色々な形状、タイプのものがあります。工場などで使用するのにおすすめなのがスポットタイプのものです。よく名前を知られているものだと、ダイキンのクリスプなどがあります。このスポットタイプの最大の特徴は、必要なところに必要なだけ設置することが出来るという点です。さらに、キャスターがついているものが多いので移動が簡単なのも大きな特徴です。

このスポットタイプであれば、人間を冷やすだけでなく機器装置、製品なども簡単に冷やすことが可能です。クリスプの場合には1人用、2人用、3人用など色々なタイプがあるので、工場で働いている人の状況などにあわせて設置することが出来ます。設置するのに工事などもいりませんし、ドレンについても満水になると運転を停止して知らせてくれるので、安心です。操作も簡単なので、工場全体に冷房を設置するが難しいという環境にこのスポットタイプのものは効果的です。導入するための費用についても、一般的な業務用エアコンを導入するよりも費用を抑えることが出来ます。必要なところに、必要なだけ配置することが出来るのが大きな魅力です。工場などに設置する製品を検討している人はチェックしてみましょう。

ダイキンの業務用エアコン天吊自在形ワンダ風流がおすすめ

業務用エアコンのメーカーの中でも圧倒的な人気を誇るのがダイキンです。そんな、ダイキンの業務用エアコンの中でもおすすめなのが、ワンダ風流(フル)というものです。この大きな特徴は取り付ける場所を自由に選べるということです。天井に埋め込む必要がないので、ふところがないという店舗や事務所などにも設置することが出来ます。

さらに、設置する環境に応じて吹出しの方向や数を選択することが出来ます。4方向、3方向、2方向にすることが出来ます。使用しない吹出し口については、付属されている閉鎖材を取り付けるだけです。見た目、デザインを重視したいという場合にはブラックタイプのものもあります。

店舗や事務所などで天井のふところがないため業務用エアコンの設置をあきらめてしまっていたという人などには、ぜひチェックしてみて欲しい製品です。また、これには人検知センサーと床温度センサーがついているので、(FIVE STAR ZEASの場合)風が直接当たるのを抑えるのはもちろん、電気代の無駄も抑えてくれるのでおすすめですよ。店舗や事務所に導入する業務用エアコンにお悩みならこの業務用エアコンをチェックしてみましょう。

業務用エアコンを価格で選ぶならPanasonicか東芝

業務用エアコンを販売しているメーカーは1社だけではありません。複数のメーカーが販売を行なっています。そんな業務用エアコンについてですが、価格で選びたいということであればPanasonicか東芝がおすすめです。業務用エアコンのシェアナンバー1はダイキンです。品質や機能、アフターサービスの充実などから判断すると最もおすすめしたいメーカーであると言えますが、他のメーカーと比べるとはっきり言って価格は高めです。

そのため、店舗やオフィスに導入するのには予算が足りないというケースも少なくありません。予算に問題がなければダイキンがおすすめですが、業務用エアコンだけに予算をかけるというわけにもいかないでしょうから、他のメーカーで価格を重視して選ぶのであればさきほどあげたPanasonicと東芝が良いでしょう。東芝のアフターサービスについては、少し満足していないという人も多いと言われていますので、アフターサービスの充実しているところを選びたいという人は、ダイキンを選ぶのが良いでしょう。業務用エアコンを導入する際に価格で決めたいと考えている人は参考にしてみましょう。まずは、業務用エアコンにかけられる予算を算出してみることから始めましょう。

業務用エアコンを使用する時に知っておきたい除湿と冷房の話

業務用エアコンを使用する際に知っておきたいのが除湿と冷房の違いについてです。そもそも両者の違いとはどのようなものなのでしょうか?除湿というものは、部屋の中の湿度を下げるという目的で使用します。部屋の温度が下がるというわけではありません。冷房の場合には、部屋の中の温度を下げるという目的で使用します。湿度は下がりません。業務用エアコンを使用する時には、とくにこの湿度についてよく知っておくようにしましょう。この湿度が高いと不快に感じてしまいます。湿度が下がると体感温度も下がると言われていますので、部屋の湿度にも注目しておきましょう。

では、部屋の中の湿度はどのくらいに保つのがよいのでしょうか?一般的に湿度について言われているのが湿度は40~60%程度に保つということです。湿度が40%以下になってしまうと乾燥してしまい冬などであればインフルエンザウイルスが活動しやすい環境になってしまうと言われています。また、湿度が60%を超えるとカビなどが繁殖しやすくなると言われています。湿度によって不快な思いをしないように、湿度を適正な数値に保つようにしておきましょう。

業務用エアコンを実際に見て決めたいという人へ

業務用エアコンを購入するという場合、最近ではインターネットを通して購入するというケースがほとんどです。そのため、実際に実物を見ずに購入するのがあたりまえのような状況になっていますが、実際に業務用エアコンがどのようなものなのかを見てから決めたいという場合にはどうすれば良いのでしょうか?

メーカーによってはそのような人向けにショールームを設置しています。ダイキンなどのショールームはよく知られています。ショールームには色々な業務用エアコンが展示されているので、見た目、デザイン、操作性、大きさなどを確かめることが可能です。ただし、このショールームは全国各地にあるというわけではないので、近くにある人は見に行くことが出来ますし、遠くまで行かないとないという場合もあります。まずは、各メーカーのショールームがないかインターネットで検索してみるとよいでしょう。また、各メーカーの窓口でショールームがないかどうか問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

実際に見てみないとどのようなものなのか、イメージできないという人はこのようなショールームをぜひ活用してみましょう。実際に見て確認することが出来ますよ。

業務用エアコンを選ぶ時には仕様をよく確認しよう

業務用エアコンをどれにしようか色々な悩む人も多いでしょう。それぞれの機種やメーカーによって価格も異なりますし、使える機能などにも差があります。業務用エアコンを選ぶ時には、仕様をよく確認するようにしましょう。とくに確認しておきたいのが電源です。電源は全部同じではないのか?と思っている人もいますが同じではありません。簡単に言うと2つのものがあります。単相と三相というものです。家庭で一般的に使われているのが単相電源で、工場などで使用されることが多いのが三相電源です。業務用エアコンの仕様書などには必ず電源について記載されています。ほとんどの業務用エアコンは三相電源となっていますがしっかりと確認してから購入するようにしておきましょう。

それから、使用できる環境についてもしっかりと確認しておく必要があります。業務用エアコンでは、使用できる環境とそうでない環境というものが機種ごとに異なります。わかりやすい例で言えば、普通の業務用エアコンを飲食店などの厨房で使用することは出来ません。設置しても油汚れなどによって短期間で故障してしまう可能性があるからです。そのような場所には適した業務用エアコンを設置する必要があります。このように、業務用エアコンについては必ず仕様を確認するようにしましょう。

業務用エアコンの節電対策・予算・夏以外をおすすめする理由

業務用エアコンの節電対策について
業務用エアコンの節電対策を行うことは非常に重要です。業務用エアコンの場合にはどうしても運転時間が長くなるので、電気代も出来るだけ抑えたいことでしょう。そんな時に簡単に出来る節電方法があります。まずは、ブラインドやカーテンを使用するという方法です。これらのものを使い直射日光を部屋にあたらないようにすることで、節電対策になります。直射日光があたると部屋の温度も高くなり、それを下げるために電気代がかかります。直射日光をさえぎり、部屋の温度を上昇させないようにすれば、その分電気代を節約することが出来るのです。節電対策はこのように小さなことでも続けていくと効果がありますよ。

業務用エアコンは予算で選ぶ
業務用エアコンを導入するのにかかる費用は、けして安くありません。そのため、頭を悩ませているという経営者も多いでしょう。そのような人におすすめなのが、業務用エアコンを予算で選ぶという方法です。業者に見積を依頼する際に、さきにこのくらいの予算でお願いしたいというのを伝えて、見積を依頼するのがおすすめです。業務用エアコンは国内メーカーのものでも複数ありますし、同じ能力を持っているものでも、複数ありますので、価格によって選ぶということが可能です。まずは、業者に予算を伝えてその予算でどのような業務用エアコンを導入することが出来るのかを検討してもらいましょう。予算の金額によって対応できる場合と出来ない場合がありますので、注意しましょう。

業務用エアコンは夏以外を狙え
業務用エアコンを導入したいという場合には、多くの人が夏に導入することを考えているでしょう。しかし、夏場は業務用エアコンの取付を行う業者の繁忙期にあたります。そのため、希望の日程や希望の商品を確保することが出来ないという場合もあります。夏場に業務用エアコンがないという期間が長いと体調などや売上にも悪影響を与えてしまう恐れがあります。そのような理由から、業務用エアコンの購入もしくは導入をするのならば、夏以外の時期にすることをおすすめします。夏以外であれば工事の日程なども調整しやすいですし、商品が売り切れてしまうなどという可能性も低いです。ぜひ、おすすめなので覚えておきましょう。

古い業務用エアコンは省エネではない

古い業務用エアコンは新しい業務用エアコンより電気代が高額になるので入れ替えすると経費削減できます。